恋愛心理と人間心理を知り、さらに輝く女性になるためのサイト

menu

Change For Woman

猫を飼いたい心理になった時~癒されたい人によいペットとは~

猫を飼いたい心理になった時~癒されたい人によいペットとは~

猫を飼いたい心理になった経験はありませんか。ペットがいると心の癒しになりますので、ストレス社会で生きる人たちにとっては大切な存在です。

ペットは他にも犬や小鳥、爬虫類とたくさんいますが、猫を飼いたい心理には意味があるようです。またペットにしたい動物の種類によって、性格や気質も変わるといわれていますよね。

ペットは犬か猫かで、意見が分かれる場合がよくあります。どちらにしても癒しが必要な人は、世の中に多く存在しているということなのでしょう。では猫を飼いたい心理について、また癒しによいペットについてもご紹介しますね。



猫を飼いたい心理の意味について

猫を飼いたい心理になった時~癒されたい人によいペットとは~家に帰ってきたら、可愛らしい猫が待ってくれている生活には、とても憧れますよね。猫を飼いたい心理になるのはなぜか、気になる意味をご解説していきましょう。

 

母性を発揮したい

猫の中でも子猫が欲しい人は、母性本能が強い傾向にあります。子猫は親猫を探しながら、いつもよちよちと不安そうに歩いていますよね。

目が離せないほど危なっかしい態度は、自分が母親となり面倒を見てあげたいと思うのです。子猫はトイレや食事など、色々と教えることがありますので、自分の色に染められます。

母性がさらに強くなり、可愛らしい猫のために細かい配慮をしながら、一緒に育つ感覚を味わいたいのかもしれません。子猫は見ているだけでもホッとする存在。母性がくすぐられると、何匹も飼いたくなるでしょう。

 

ボランティア精神が強い

猫を飼いたい心理は、ボランティア精神が強いのが特徴です。とくに里親を探している猫を選ぶ人は、困っている生き物を助けたい気持ちが強く、ボランティア精神があります。

可哀想な捨て猫、雨の日にうずくまっている猫などを見ると、見て見ぬふりができないのです。純血種の猫でなく雑種の猫を選ぶ人は、特に思いやりが強いといえるでしょう。

人から頼まれて「子猫を飼ってくれないか」と言われたら、たとえ難しくてもOKするかもしれません。

 

ストレスが溜まっている

猫を飼いたい心理は、ストレスが溜まっているサインです。ふわっとした体やしなやかな動きは、普段のイライラを解消するよい対象になるでしょう。

一人でつまらない時に、猫がジャンプして膝に乗ってくる瞬間。柔らかい体を抱っこした瞬間に、人間はしっかりと癒されているのです。ストレスが溜まっていると自然とリラックスのために、人は何かを求めるようになります。

食べるのが好きな人は大食いをしたり、音楽が好きな人はヘッドホンをつけて音楽を鑑賞したり。そして動物好きの人は、ペットへの愛情が深くなるでしょう。

 

ブランド志向

猫を飼いたい心理は、一種のブランド志向に似たものがあります。カバンや洋服などもブランド品が好きな人は、猫も高級な純血種を選ぶでしょう。

血統書つきの値段が高い猫をペットショップで購入して、人に見せびらかしたい気持ちがあります。

しかし純血種を選ぶ人も基本的には動物好きなので、きちんとペットのお世話はするでしょう。しかし中には特定の種類にこだわりがあり、ブリーダーのような意味で猫を飼いたくなる人もいるかもしれません。

 

運気を変えたい

招き猫などのように、商売繁盛の運気をアップするシンボルとして、よく猫が使われています。猫を飼いたい心理は、運気をアップしたいサインかもしれません。

動物から得られるエネルギーは色々とありますが、命を大切にする気持ちは将来的によいことがあるはず。

猫を飼い始めて彼氏ができた、お金が貯まるようになったというエピソードもあるかもしれません。幸運のシンボルとして、自分の環境をプラスに変えたい時に猫を飼いたい心理になります。

 

癒されたい時のペットは?

癒されたい時にペットを飼うのはよいアイデア。しかし最後まで面倒を見るのは責任感が必要なので、負担に感じることもあるかもしれません。では癒されたい人にはどういうペットがよいのか、オススメを見ていきましょう。

 

ペットの代表といえば、まず犬がいます。人と上手く関係を築く生き物で、かなり昔から共存している長いパートナーです。

言うことをしっかりと聞き、人の感情を読み取るほど敏感な動物。犬は感情表現をはっきりとする動物なので、一緒にいると毎日が刺激的に変化しますよね。

犬は散歩するのも、飼い主の責任のひとつ。一緒に屋外に出て新鮮な空気を吸うチャンスは、ストレスを発散したい人にもピッタリです。色々な犬種がいるため、自分のライフスタイルに合わせて選べるのも魅力に。

 

猫は人を癒せるペットです。犬よりも動きがしとやかで落ちついているため、自分の周辺をあまりかき乱さずに飼えるのが魅力だといえるでしょう。

自由気ままに生きる猫のスタイルは、ストレスを抱えて生きる人が憧れる存在かもしれません。猫が丸くなって寝ている姿を見ると、嫌なことも忘れられます。

 

インコ

猫や犬以上に、飼う手間がそれほどないペットはインコです。カラフルな体は、生活空間にもインパクトを与えてくれます。

たとえば独身で一人暮らしの人の場合、寂しくて話し相手が欲しい時には、インコがよいパートナーになるはず。

オウムやインコなどは、しっかりと教え込むと人間の言葉を覚えますので、寂しい空間のちょっとしたエンターテイメントになってくれるでしょう。

また鳥かごに入れて飼育できるので、犬猫のように部屋の掃除が面倒になることもありません。ストレスなく飼えるペットですね。

 

犬や猫はスキンシップができるので、癒し効果が期待できます。亀は触るペットではありませんが、のんびりとした動きをじっと見るだけで、なんとなくイライラが収まるという場合もあります。

飼う手間もそれほどありませんので、忙しく生活する人には癒しの存在になりますね。亀はお散歩できるリクガメもいますので、種類によってはアクティブな飼い方ができるかもしれません。

 

ペットを飼うとよいことが色々とある!

猫を飼いたい心理になった時~癒されたい人によいペットとは~ペットは癒されるだけでなく、他にも飼うメリットが色々とあります。一人で寂しいと思った時には、可愛らしい仲間を増やしてみませんか。

 

友人ができる

ペットを通じて友人ができるのは、癒しが必要な人にメリットになります。たとえば犬の散歩。同じ時間帯に集まる仲間と交流が深まり、人間関係が広がる可能性があります。

 

優しくなれる

生き物と一緒に暮らすと、命を大切にすることやケアする気持ちが増えるので、性格が柔軟になり優しい印象が増えてきます。

動物好きに悪い人がいないといわれるように、とげとげしさがなくなり心が安定してくるのです。

 

健康になれる可能性

心理的なメリットが多いペットは、体を触ることでオキシトシンというホルモンが分泌される可能性があります。このホルモンは体の不調を改善して、低体温にもよいかもしれません。

ペットが暮らしの中にいると気持ちも引き締まるので、あらゆる意味で健康的なメリットが期待できるでしょう。またペットは孤独な時間をなくしてくれるので、気分転換を手助けしてくれます。

 

まとめ

猫を飼いたいのは、心理的に何かを求めているサインです。失恋や転職などでストレスを抱える時期は、とくに動物の癒しが欲しくなります。

生き物がいる暮らしはお互いにとって、助け合いの関係ができますね。快適な生活を送るためには、自分と相性のよいペットを見つけましょう。

猫は誰にでも愛される、可愛らしいペット。一匹だけでは物足りなくなり、猫のたくさんいる生活が待っているかもしれません。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>カエル好きの心理が知りたい!コレクションするのはどうして?



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

☆運営者情報